テストエースのシステム概要図

① 本番環境からデータを抽出し、変換したデータを開発環境へ
② 本番環境からデータを抽出し、変換したファイルを出力
③ 本番環境からファイルを抽出し、変換したファイルを出力
システム概要図

テストエースのシステム構成例

【構成 A】DB to DB

活用例
自社内の同一ネットワーク上にある本番環境とテスト環境を直接接続して
テストデータの変換と投入を行う
本番データをテストデータに変換後、テスト環境に直接データ投入。

【構成 B】DB to File

活用例
本番環境からテストデータを作成し、
マスキング済みのファイルを委託先に渡す
本番データをテストデータに変換後、 CSV(TSV)形式で出力。テスト環境へは手動でデータ投入。

【構成 C】File to File

活用例
テストエース非対応DBから本番データを抽出しテストデータを作成。
マスキング済みのファイルを委託先に渡す
本番データをCSV(TSV)形式で出力。テストエースでデータ変換後CSV(TSV)形式で出力。テスト環境へデータ投入。

【構成 D】DB to DB(ロードモジュール使用)

活用例
自社内の異なるネットワーク上にある本番環境からデータを抽出し変換。
テスト環境にデータを投入する
データ変換後、テストエース用の中間ファイルとして出力。テスト環境ではロード用のテストエースを使用してデータ投入。