テストエースの機能紹介

データ作成業務が自動化できる!CUI実行機能を搭載

テストデータ作成作業をコマンドラインで実行できます。
ETLツールとの連携により、さまざまな自動化が実現可能です。

CUI実行機能を利用した自動化の例

指定の日時に
テストデータを
自動生成

Windows標準の
タスクスケジューラ等との
連携可能!

本番データへの
アクセスを
厳格化

テストデータ作成作業
のみをコマンドラインで
実行可能!

ワークフロー
システムとの
連携

テストデータ作成作業の
申請・承認や自動払出等の
フロー構築可能!

二通りのテストデータ作成方法

データベースが空でもテストデータが生成できる!
データ生成機能

テストデータ作成イメージ
新しいシステムの開発時や新規のECサイト構築時など、新規開発案件の場合は本番環境のデータベースが空っぽというケースがほとんどです。
テストエースは、本番環境にデータがなくても、データベースの構成情報を解析し、氏名や住所などのテストデータを自動で生成することが可能です。
操作はGUIによる簡単操作ですので、データベースの知識がなくても高品質なテストデータ生成が可能です!

本番環境とそっくりなテストデータが作成できる!
データ変換機能

テストデータ変換イメージ
本番環境のデータベースよりデータを取得し、テストエースにて個人情報を特定・変換後に、テスト環境のデータベースへ直接ロードすることが可能です!
変換方法は、「擬似データ変換」「マスキング変換」「ランダム変換」「ユーザー定義変換」「リレーション維持変換」があり、本番データとそっくりなテストデータをすぐに構築することが可能です。
これにより、システムテストの工数が減るだけでなく、高品質なテストを実現することが可能となります。

テストデータ作成例

データに潜む個人情報を見つけ出す!個人情報自動解析機能

本番データベース内のテーブル・レコード情報を自動解析し、個人情報が含まれるカラムを特定します。
個人情報と特定されたカラムにはその種別に応じて最適な変換定義を設定します。

個人情報自動解析機能イメージ