テストエースは、テストデータ作成時の様々な課題を解決する為に生まれた
テストデータ作成の為の製品です。

すべてのエンジニアをテストデータ作成に関わる問題から解放したい。

すべてのエンジニアに簡単・安全・低コストで
テストデータを作成できるツールを提供したい。

そんな思いからテストエースを製品化しました。

私達はテストエースを通じ、様々な開発の場面でテストデータ作成をサポートし、

個人情報漏洩リスクの軽減やテストデータ作成時のコスト減、
システムテストの品質向上に貢献します。

テストエースの利用シーン

  • 業種別
  • 導入効果別
  • SI(開発)

    データベースの設計が完了し、アプリケーション開発の開始。
    しかし登録系の仕様変更などの問題が多く、データベースへのデータ登録が行えず、一覧表示や帳票出力などのテストが遅れてしまっていた。
    アプリケーション開発において、データ登録機能がなくとも帳票などの開発が行えるようになり、これまでの開発で発生していた機能実装待ちによる遅延を削減することができた。また、開発初期で帳票の作成を並行して行うことができるようになった為、全体の開発期間の短縮にもつながっていて、非常に助かっている。

    金融業

    設計書を基に、社内で個人情報をマスクする為のスクリプトを作成し運用していたが、バージョンアップ等により、データベース内のテーブル構造が変化する中、個人情報の変換漏れが発生していないかの不安があった。
    また、設計書を基にしているだけで、実際のデータを確認しているわけではないので余計に不安だった。
    個人情報特定機能により、本番データより自動で個人情報を特定し、マスキング処理や擬似データに変換をしてくれるので、変換漏れの発生を限りなくゼロにすることができ、安心してテストデータ作成が行えるようになった。
    また、カラム名を指定し、同じ変換設定を自動で行うこともできる為、カラム名の命名規則に従い、より漏れのない変換が行えるようになった。

    不動産業

    開発部門よりテストデータの提供を求められるが、データベース内のテーブルやカラムの数が多く、個人情報のみ特定してマスキングするとなると目視での確認となる為、膨大な工数になり対応ができない。
    だからといって、全てのデータをマスキングしてしまうとテストデータとして有効性に疑問が残り、テストの品質も悪化する為、提供できずに困っている。
    テーブル選択後にボタンをクリックするだけで、本番データより自動で個人情報を特定し、変換候補が設定される為、テストデータの提供が非常に簡単になった。
    開発部門からは、本番データに限りなく近いテストデータなので、テストの品質向上・テストの効率化につながり、とても助かっていると報告を受けている。

    ECサイト

    ECサイトを開発する為のテストデータとして、郵便番号と住所の関連性を崩さずに大量のテストデータを用意する必要があった。しかし、これらの関連を維持したデータを大量に用意することが難しい為、一度作ったテストデータを何度も再利用しているので、いつも同一の値に対するテストとなってしまい、リリース後にバグや不具合が発生することが多く困っている。
    データの関連性を維持したまま大量のテストデータを簡単に作成することができるようになり、テスト工程で多くのバグや不具合を発見することができるようになった。
    また、従来は本番環境でしか再現しないバグや不具合が多く発生していたが、テストエース導入後はこれらの問題が大幅に減少し助かっている。

    生損保

    現状は社内規定に従い、開発部門が申請をし、作業担当者が本番環境よりデータを取得、必要に応じてマスキング処理やデータ変換を行いテストデータを作成している。
    テストデータ作成に人が介在している為、不正やミスによる個人情報漏洩が発生しないか不安である。
    テストエース導入により、従来は人が行っていた本番データの取得からテストデータの作成までを自動化することができた。これにより、不正やミスの可能性が無くなり、個人情報漏洩のリスクを限りなくゼロにすることができた。また、テストデータの自動作成により作業工数や人員を減らすことができたので、利益向上にも貢献することができた。

    ECサイト

    サイトにおける検索等のパフォーマンスを測定する為に大量のテストデータが必要となったが、大量のテストデータを作成すると、どうしても同じデータの繰り返しや意味のないデータになってしまい、正しいパフォーマンスの計測ができずに困っている。
    ※同じデータの繰り返し
    ⇒「田中」「鈴木」「中村」…「田中」「鈴木」「中村」…など。
    ※意味のないデータ
    ⇒名前のデータなのに、「000001」「000002」など。

    実際のデータに限りなく近いテストデータを、指定した件数分作成することができるようになった為、検索パフォーマンスの測定値が実運用での結果とほぼ同じようになった。これによリ、リリース後に顕在化することが多いパフォーマンス問題を劇的に減少することができた。

    保険代理店

    顧客管理のシステムを導入することになり、お客様の個人情報や保険証券番号などが必要になったが本番環境のデータをそのまま利用するわけにはいかず、テストデータの用意をどのようにすれば良いのか困っていた。
    個人情報を自動的に特定し、必要に応じてマスクやダミーデータへの置き換えなどが自在に可能な為、テストデータの品質が大幅に向上し、よりリアルなデータでシステムテストが可能となった。

    生損保

    基幹システムのリプレイスをする為、リアルなテストデータを用意する必要があった。
    本番環境のデータをそのまま利用することができれば良いが、個人情報や契約情報、疾病歴などシビアな情報が多く漏洩した際のリスクが非常に大きい。
    その為、ツールを使いマスキングやダミーデータ化していたが、担当者の作業負荷が大きく、数ヶ月に一回が限界という問題があった。
    本番環境のデータを抽出し、設定した項目をマスキングやダミーデータ化してくれる為、万が一情報漏洩しても個人情報ではない為、リスクを回避することができた。
    また、バッチ処理で定期的にテストデータ作成が行えるため、選任の担当者を配置する必要がなくテスト工数を約80%削減することに成功。
  • システム
    開発の
    効率化

    データベースの設計が完了し、アプリケーション開発の開始。
    しかし登録系の仕様変更などの問題が多く、データベースへのデータ登録が行えず、一覧表示や帳票出力などのテストが遅れてしまっていた。
    アプリケーション開発において、データ登録機能がなくとも帳票などの開発が行えるようになり、これまでの開発で発生していた機能実装待ちによる遅延を削減することができた。また、開発初期で帳票の作成を並行して行うことができるようになった為、全体の開発期間の短縮にもつながっていて、非常に助かっている。

    マスキング
    漏れ
    防止

    設計書を基に、社内で個人情報をマスクする為のスクリプトを作成し運用していたが、バージョンアップ等により、データベース内のテーブル構造が変化する中、個人情報の変換漏れが発生していないかの不安があった。
    また、設計書を基にしているだけで、実際のデータを確認しているわけではないので余計に不安だった。
    個人情報特定機能により、本番データより自動で個人情報を特定し、マスキング処理や擬似データに変換をしてくれるので、変換漏れの発生を限りなくゼロにすることができ、安心してテストデータ作成が行えるようになった。
    また、カラム名を指定し、同じ変換設定を自動で行うこともできる為、カラム名の命名規則に従い、より漏れのない変換が行えるようになった。

    テストの
    効率化

    開発部門よりテストデータの提供を求められるが、データベース内のテーブルやカラムの数が多く、個人情報のみ特定してマスキングするとなると目視での確認となる為、膨大な工数になり対応ができない。
    だからといって、全てのデータをマスキングしてしまうとテストデータとして有効性に疑問が残り、テストの品質も悪化する為、提供できずに困っている。
    テーブル選択後にボタンをクリックするだけで、本番データより自動で個人情報を特定し、変換候補が設定される為、テストデータの提供が非常に簡単になった。
    開発部門からは、本番データに限りなく近いテストデータなので、テストの品質向上・テストの効率化につながり、とても助かっていると報告を受けている。

    テストの
    品質
    向上

    ECサイトを開発する為のテストデータとして、郵便番号と住所の関連性を崩さずに大量のテストデータを用意する必要があった。しかし、これらの関連を維持したデータを大量に用意することが難しい為、一度作ったテストデータを何度も再利用しているので、いつも同一の値に対するテストとなってしまい、リリース後にバグや不具合が発生することが多く困っている。
    データの関連性を維持したまま大量のテストデータを簡単に作成することができるようになり、テスト工程で多くのバグや不具合を発見することができるようになった。
    また、従来は本番環境でしか再現しないバグや不具合が多く発生していたが、テストエース導入後はこれらの問題が大幅に減少し助かっている。

    個人情報
    漏洩リスク
    の減少

    現状は社内規定に従い、開発部門が申請をし、作業担当者が本番環境よりデータを取得、必要に応じてマスキング処理やデータ変換を行いテストデータを作成している。
    テストデータ作成に人が介在している為、不正やミスによる個人情報漏洩が発生しないか不安である。
    実際のデータに限りなく近いテストデータを、指定した件数分作成することができるようになった為、検索パフォーマンスの測定値が実運用での結果とほぼ同じようになった。これによリ、リリース後に顕在化することが多いパフォーマンス問題を劇的に減少することができた。

    パフォー
    マンス
    改善

    サイトにおける検索等のパフォーマンスを測定する為に大量のテストデータが必要となったが、大量のテストデータを作成すると、どうしても同じデータの繰り返しや意味のないデータになってしまい、正しいパフォーマンスの計測ができずに困っている。
    ※同じデータの繰り返し
    ⇒「田中」「鈴木」「中村」…「田中」「鈴木」「中村」…など。
    ※意味のないデータ
    ⇒名前のデータなのに、「000001」「000002」など。

    テストエース導入により、従来は人が行っていた本番データの取得からテストデータの作成までを自動化することができた。これにより、不正やミスの可能性が無くなり、個人情報漏洩のリスクを限りなくゼロにすることができた。また、テストデータの自動作成により作業工数や人員を減らすことができたので、利益向上にも貢献することができた。

    テストの
    品質
    向上

    顧客管理のシステムを導入することになり、お客様の個人情報や保険証券番号などが必要になったが本番環境のデータをそのまま利用するわけにはいかず、テストデータの用意をどのようにすれば良いのか困っていた。
    個人情報を自動的に特定し、必要に応じてマスクやダミーデータへの置き換えなどが自在に可能な為、テストデータの品質が大幅に向上し、よりリアルなデータでシステムテストが可能となった。

    テスト
    工数の
    削減

    基幹システムのリプレイスをする為、リアルなテストデータを用意する必要があった。
    本番環境のデータをそのまま利用することができれば良いが、個人情報や契約情報、疾病歴などシビアな情報が多く漏洩した際のリスクが非常に大きい。
    その為、ツールを使いマスキングやダミーデータ化していたが、担当者の作業負荷が大きく、数ヶ月に一回が限界という問題があった。
    本番環境のデータを抽出し、設定した項目をマスキングやダミーデータ化してくれる為、万が一情報漏洩しても個人情報ではない為、リスクを回避することができた。
    また、バッチ処理で定期的にテストデータ作成が行えるため、選任の担当者を配置する必要がなくテスト工数を約80%削減することに成功。

テストエースの導入事例紹介

  • 楽天生命保険株式会社 様

    2〜3名で1週間かかっていた作業を2日に短縮し、
    質の高いシステム開発を実現
    →詳細を読む

    オイシックス株式会社 様

    「個」客マーケティングを追求する
    Web戦略を支えるテスト環境とは
    →詳細を読む

テストエースの機能紹介

二通りのテストデータ作成方法

データベースが空でもテストデータが生成できる!
データ生成機能

新しいシステムの開発時や新規のECサイト構築時など、新規開発案件の場合は
本番環境のデータベースが空っぽというケースがほとんどです。
テストエースは、本番環境にデータがなくても、データベースの構成情報を解析し、
氏名や住所などのテストデータを自動で生成することが可能です。
操作はGUIによる簡単操作ですので、
データベースの知識がなくても高品質なテストデータ生成が可能です!

テストデータ作成イメージ

本番環境とそっくりなテストデータが作成できる!
データ変換機能

本番環境のデータベースよりデータを取得し、
テストエースにて個人情報を特定・変換後に、
テスト環境のデータベースへ直接ロードすることが可能です!
変換方法は、「擬似データ変換」「マスキング変換」
「ランダム変換」「ユーザー定義変換」「リレーション維持変換」があり、
本番データとそっくりなテストデータをすぐに構築することが可能です。
これにより、システムテストの工数が減るだけでなく、
高品質なテストを実現することが可能となります。

テストデータ変換イメージ

テストデータ作成例

システム概要図

システム概要図

料金・動作環境

料金

ソフトウェアライセンス ¥1,200,000より
期間ライセンス ¥480,000より

動作環境

CPU 1.4GHz以上のCPU
RAM 2GB(推奨2GB以上)
HDD 1GB以上の空き容量
(変換対象のデータ量に依存)
OS Windows Server 2003、2003 R2、2008、2008 R2、2012
ソフトウェア Java SE 7.0
Microsoft SQL Server 2008 R2 Express以上

変換対応データベース

Oracle Database Oracle 9i Database R2
Oracle Database 10g R2、11g、11g R2
OSS PostgreSQL Ver9.0、Ver9.1、Ver9.2、Ver9.3
Microsoft
SQL Server
Microsoft SQL Server 2000、2005、2008、2008 R2、2012

よくある質問

  • どのDBに対応していますか?

    「Oracle」「SQL Server」「PostgreSQL」に対応しております。また、CSVやTSVなどのファイル形式にも対応しておりますので、上記DB以外の場合、DBよりデータをCSV等にエクスポートすることで対応が可能です。

    システムで用意されている「氏名」や「住所」以外のデータを使用して変換を行うことはできますか?

    テストエースには、任意の疑似データを登録し、変換に使用する機能がございますので、ユーザー独自の変換を行うことが可能です。

    本番環境とテスト環境が同一のネットワークに存在しない場合は、使用することができませんか?

    テストエースでは、本番環境からのデータ取得・変換とテスト環境へのデータ登録を別々に行うことが可能なため、本番環境とテスト環境が同一のネットワークに存在しない場合でも安全にテスト環境の構築が可能です。

    保険証券番号を擬似データ化することはできますか?

    ユーザー定義関数という機能をご利用いただくことで可能です。

    保守サービスはありますか?

    ございます。詳細に関しましてはお気軽にお問合せください。