テストエースの導入事例紹介

株式会社セゾン情報システムズ 様

導入の決め手は擬似データの品質と使い勝手
製品デモや検証時における課題を解決

社名 : 株式会社セゾン情報システムズ
事業内容 : カードシステム事業、流通・ITソリューション事業、HULFT事業
所在地 : 東京都港区赤坂1-8-1 赤坂インターシティAIR 19F
設立 : 1970年9月
資本金 : 13億6,768万7,500円
従業員数 : 1,195名(2017年3月末現在 連結)

株式会社セゾン情報システムズは、ファイル転送ミドルウェア『HULFT』シリーズの開発、販売、サポートサービス等をはじめ、カードシステム事業や流通・ITソリューション事業など数多くのソリューションを手がける東証JASDAQ上場企業である。『HULFT』シリーズはファイル転送製品で14年連続国内シェア1位(2017年)という実績を誇る他、世界中で利用され、米ガートナー社の調査でも世界シェア2位(2016年)になるなど圧倒的な支持を得ている。注目度の高さから引き合いは年々増加しているが、製品デモやパフォーマンス検証に用いるデータの品質と作成工数について課題を抱えていた。

本事例では、同社がいかにして悩みを解決したのか、その本質に迫る。

続きはこちらから