テストエースの導入事例紹介

住友林業情報システム株式会社 様

テストデータ品質向上と作成工数削減
同時に実現できた手法とは

社名 : 住友林業情報システム株式会社
事業内容 : 情報システムのコンサルティング、 システムインテグレーションサー ビス、ソフトウェア開発、 ネットワークソリューションサービス、 ヘルプデスク、IT教育、EDIサービス
所在地 : 千葉県千葉市美浜区中瀬1-3 幕張テクノガーデンB棟7階
設立 : 1991年11月1日
資本金 : 1億円(住友林業株式会社100%出資)
従業員数 : 128名(2018年4月1日現在)

住友林業情報システム株式会社は、住友林業グループ唯一のIT戦略企業としてシステム開発・運用・保守を一手に担っている。同社は個人情報保護法の施行をきっかけに、開発環境では個人情報をマスキングしたテストデータを利用する、という社内ルールを設けた。しかし、マスキング手法の統一には至らず、「マスキングの粒度に統一性がない」「テストデータの品質が悪い」などの課題が浮き彫りとなってしまう。本事例では、同社内に発足したワーキングチームが取り組んだ課題解決の手法を紹介する。

続きはこちらから